赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44:祝福と感謝

一応これで一区切り?
まぁどうぞ。




夏の暑さもいい加減過ぎ去り、そろそろ秋の風が吹くようになった頃、トトルがまた妙な事を言い出した。
「ユーリ、ありがとう。」
「・・・は?」
「本当に、ありがとう。」
「いやあの、だから何の・・・?」
「他の奴にも言ってくる。」
「え? あの、トトルさーん・・・?」
だが俺が止める前に、トトルは自慢のスピードを生かして家の外へ出てしまった。
「何なんだ・・・一体・・・?」


「コタロー、トウマ。」
「ニャ? どうしたのニャ?」
「トウマはいつも料理ありがとう。コタローは色々教えてくれてありがとう。」
「ニャー・・・? 一体何なのニャ・・・?」
「それじゃ他も回ってくる。」
「ニャ!? ニャー・・・だから結局何なのニャー・・・?」


「ガラン。」
「お? どしたー?」
「・・・特に思いつかないが、ありがとう。」
「・・・何か妙に癪に障る言い方だなおい。喧嘩売ってんの?」
「いや今日は忙しい。またな。」
「あっ! ・・・ったく、何なんだ一体・・・?」


「ラジー。」
「あらどしたのトトル?」
「いつもユーリの服をありがとう。」
「あらあら、どうしたのそんなに改まって・・・まぁこっちも楽しませてもらってるから、そんな気にしなくていいのよー?」
「そうか・・・それじゃまた今度も頼む。」
「ふふん、まっかせなさい!」
「あぁ・・・それじゃ。」
「あ、行っちゃった・・・何なんだったのかしら・・・?」


「アンナ、コウライ。」
「あらこんにちは。」
「どうかしたのか? そんなに慌てた様子で。」
「いや・・・何時も色々ありがとう。」
「まぁまぁ・・・ふふ、こちらこそ。何時も色々助けてもらってます。」
「そうだな・・・特にユーリにはコウランの世話も見てもらって・・・。」
「これからもよろしく頼む。それじゃ。」
「あ、おい・・・行ってしまったな・・・。」
「一体、どうしたのかしら・・・?」


「キーツ、アーヴィン」
「あ、こんにちは。」
「珍しいな。ユーリは一緒じゃないのか?」
「あぁ・・・二人とも・・・まぁとにかくありがとう。」
「とにかくってなんだよとにかくって。」
「まぁ、むしろお礼言いたいのはこっちですからね・・・ユーリさんには本当に色々お世話になりっぱなしで・・・今度何かお礼の品を持っていきますね。」
「わかった。それじゃ・・・あ、あとの三人にもよろしく言っておいてくれ。」
「は? っおい! ・・・はえぇ・・・もう行っちまった・・・。」
「流石ナルガクルガ・・・。」


その後も村の各所で様々な人にお礼を言うトトルが目撃され、我が家に戻ってきたのは日も暮れかけた頃だった。
「・・・ただいま。」
「お、お帰りー・・・で、結局あれは何だったんだ? 急に『ありがとう』だなんて・・・。」
「あぁ・・・ユーリにはもう一度言いたい。本当に、本当に、ありがとう。」
「いやだから、何の話・・・っておいこら・・・」
理由を聞く前にぎゅうぎゅう抱き締められ、何も言えなくなってしまう。
だって・・・なぁ・・・そんな幸せそうな表情で「ありがとう」って言われちゃ・・・。
「上手く言えないけど・・・つがいになってくれてありがとう。一緒に居てくれてありがとう。・・・出会ってくれて、ありがとう・・・。」
「・・・あ。」
あー・・・そういえば・・・

「そういやもう、トトルと会って一年か・・・。」

あの密林での出来事も、確かこんな秋口の頃だった。
あれから、もうそんなに経ったのか・・・。
「あぁ・・・確か、誕生日は一年に一度なんだろう?」
「え? 誕生日・・・あぁ、そういうことか。」
俺の誕生日の時、俺はトトルに「好きな日にちを誕生日にすればいい」と言った。大事なのは祝う気持ちで、暦ではないから、と。

だからトトルは、俺と会った日を誕生日に選んだのだ。

そう考えれば、トトルの奇妙な行動も説明が付く。
村中に感謝して回ったのも、俺が言った「誕生日は祝うと同時に感謝するもの」って言葉を覚えていたからだろう。
・・・いやーしかし・・・
で、出会った日が記念日、どころか誕生日って・・・かなりこう
「・・・ユーリ? どうした?」
「いやぁ・・・うんちょっと、恥ずかしくて死にそうというか・・・。」

まぁ何はともあれ、こうして一年色々あっても、まだ一緒にいるわけだし。

「トトル・・・」
「うん?」
「・・・誕生日、おめでとうな。」
「・・・あぁ。」

こうして祝ってやるのも、まぁ悪くない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/78-eff1a758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。