赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42:飛竜の愛情

キーツ先生ネタの続きっぽいもの。
まぁどうぞ。




「よいしょっと・・・それじゃ夕方くらいには終わると思いますので。」
「あぁわかったよ。気を付けてね。」
「なぁ今度はまだらネギ貰ってきてくれねぇか? あれ炙るといい肴になるんだよ。」
「あ、じゃあついでにヤングポテトもお願いします。そろそろ切れ掛かってるので。」
「わかりました。奥さん方に会ったらお願いしてみます。」
「・・・。」
「おいおいあー坊何拗ねてんだぁ~?」
「べ、別に拗ねてなんかねぇよ!」
「キーツだって忙しいんだから困らせてはダメだよあー君・・・寂しいならお兄ちゃんが一緒に遊んであげようか?」
「だから子供扱いすんな!」
「あ、それでしたらご一緒に行かれたらどうですか? 今日は特に予定も無いのでしょう?」
「・・・いい。行かねぇ。」
「・・・素直じゃねぇなぁ。」
「・・・素直じゃないねぇ。」
「・・・素直じゃないですねぇ。」
『だがそれがいい。』
「妙なハモり方すんな!」
「えーと・・・それじゃ留守番よろしくお願いします。行ってきますね。」
「あ・・・」
「・・・いいのかい? ついて行かなくて。」
「・・・いい。」
「ふーん・・・あ、そういやフラヒヤビールも切れてたなぁ・・・。」
「・・・。」
「じゃあ買ってきますかね。」
「・・・お」
「お?」
「俺が行く!」
『いってらっしゃ~い。』
「だから妙なハモり方すんな!」


「・・・キーツ!」
「あー君? どうしたの?」
「え、えーとほら、スヴェン兄貴に酒買って来いって言われて・・・。」
「なら帰りに買って来ようか?」
「いや、俺が頼まれたんだから、いい。」
「そう?」
「・・・」
「・・・」
「おいキーツ」
「何?」
「何で急に学校なんてやり始めたんだよ?」
「何でって・・・村長さんに許可も貰えたし・・・」
「いやそうじゃなくて! 動機だよ! 動機!」
「動機、かぁ・・・んー・・・やっぱりあー君のお陰かな。」
「は? 俺の?」
「昔から色々聞きたがったでしょう? 『海の向こうにはどんな生き物が居るの?』とか『どうして鳥は空を飛べるの?』とか。」
「そ、そんなの昔の事だろ。」
「私にとってはまだ最近の事だよ。それにそのお陰で、私は沢山の事を識ろうと思った。そして教えてあげたいと思ったんだもの。」
「・・・だったらもうちょっと俺にも・・・」
「え? 何?」
「何でもねぇよ!」
「そう・・・? あ、お店過ぎちゃったけど・・・」
「いい。気が変わった。付いてく。」


「ねーきーつせんせー、タンポポポの冠ってどうあむのー?」
「貸せ。」
「あ! 何するのあー君!」
「あー君言うな! ・・・ったく、ほれできたぞ。」
「わぁすごーい!」
「あー君これ得意だったからね。」
「ねーやり方教えてよー!」
「だからここでこうわっかを作って、それを通すんだよ。」
「こうして・・・こう?」
「そうそう上手上手。」
「あー君あれ取ってくれよー! あのでっかいヒミコガネ!」
「だからあー君言うなっつってんだろ! こういうのは蹴って落とすんだよ! っでぇい!」
「わー! ・・・うわー!」
「うおっ!? 何だこの数!?」
「ヒミコガネは群生してるんだよ。あんな風に。」
「へーそうなんだー。」
「服に! 服に入った!」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/76-2e74d673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。