FC2ブログ

赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40:霞の惑乱

新しく紹介も書いたことなので、ミズキさんの能力をフル活用してみようの巻。
しかしミズキさんと言うとゲゲゲの方が思い浮かぶな。
まぁどうぞ。




「おーいトトルー。」
「ん? どうしたユー・・・リ・・・」
「どうかな? トトルがこの間くれたメイド服着てみたんだけど・・・」
「・・・」
「トトル? あ、どこか変だったか?」
「・・・」
「・・・うん? ・・・た、立ったまま気絶してる!? そんなに衝撃的だったのかな・・・あ、でもそれならそれでこのまま」
「おっとそこまでだ。これ以上俺の顔で妙な真似したら大宝玉剥ぎ取るぞ。」
「げ、ユーリさん・・・随分お早いお帰りですね・・・。」
「何か嫌な予感がしたんでな・・・で、これは何の真似だミズキ?」
「いえその・・・一応査察の仕事で来ている以上、皆さんの普段の暮らしぶりを知っておこうかと思いまして。ちょっと変装して潜入調査を・・・」
「ほぉ・・・つまり俺は普段からメイド服着て生活してる様に思われてるわけかなミズキさん?」
「え? 違うんですか? こないだ皆さんがメイド服着て外をウロウロしてたのでてっきり・・・」
「・・・あれはまぁなんだ。一時の事だから忘れてくれ。あといい加減元の姿に戻ってくれ。何時までも自分の顔眺めながら話すのは精神衛生上よろしくない。」
「えぇまぁいいですけど。」
「・・・っは!? メイド服がユーリで二人になったと思ったらミズキだった!?」
「あ、戻ってきたか。あと言ってる事が合ってる様で滅茶苦茶だぞ。」
「いやぁ何だか驚かせてしまったようですいません。」
「い、いや・・・そんなことより、もう一回メイド服姿のユーリを」
「せっ」
「おごっふおぉ!?」
「なんて正確無比な天鱗への一撃・・・!」
「慣れてるからな。」
「くっ・・・! こ、これくらいで・・・!」
「耐えた!?」
「慣れてるからな。もいっちょ。」
「ぐげぇっく!」
「ふぅ・・・静かになったな。」
「・・・前から思ってましたが、つがいの割に扱いが随分ぞんざいですね。」
「そうか? 夫婦ってのはどこでもこんなもんじゃないのか?」
「・・・いえまぁ・・・人様の家庭のことですからあまり深くは言いませんが。」
「お前に言われたくない。」
「まぁ何を仰います。我がクライネル家ほど仲睦まじい家庭は他に類を見ませんよ? あー君が5歳の誕生日を迎えた時なんてそれはもう盛大なお祝いを一家総出で・・・」
「もうその話は聞き飽きた。」
「んもう淡白ですねぇ・・・あんなに可愛らしいあー君の話なのに。」
「そんなに可愛いなら早くあー君のとこに戻れ。あとうちに来るな。」
「ほんとに淡白ですねぇ・・・トトルさんみたいに好きな相手の素敵な格好に大興奮、とかしないんですか?」
「生憎とそういうフェチは無い。」
「えーあるでしょう一個くらいそういうの。メイド服でなくてもほら、白衣とかエプロンとか、眼鏡とか絶対領域とか。」
「訳分からん。つーかいちいちそういう格好のトトルに変化するな!」
「あ、分かりましたよ! そのままが一番ってやつですか? 通ですね!」
「あーもー・・・それでいいから早く帰れ。」
「だ、そうですよー。良かったですねトトルさん。」
「ユーリ・・・! お、俺も・・・!」
「げ、回復速度が前より速くなってやがる・・・!」
「ユーリ!」
「うわっ! だからいちいち抱きつくなって!」
「何だかんだで仲良しさんですねー。それじゃ私はこれでー。」
「あ、コラ! くっそ、初めからこのつもりか!」
「ユーリ、ユーリ」
「だぁもう頭擦り付けるなって! くすぐったいっての!」



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/73-144b2465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。