FC2ブログ

赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36:変なルール

旦那さんが受けは女装するという妙なルールを逆手に取ったようです。
まぁどうぞ。




「はぁ全く・・・何であいつらは毎回妙な事ばかり思いつくんだ・・・。」
あの後トウマまで引っ張り出されてきて、「ヘ・ル・パー! ヘ・ル・パー!」の大合唱だったので、いい加減ブチギレて三人とも農場に放り込んで草むしりさせてきた。
「あの情熱をもっと他の事に生かせないもんかね・・・っと、トトル? 何してんだそんなとこで?」
「・・・っ!? ゆ、ゆゆユーリ!? 農場に行ったんじゃ・・・!?」
慌てて後ろに何かを隠すトトルに、俺は何か嫌な予感を感じて、そのまま近寄る。
「三人を放り込んできただけだ。別にそう時間はかからん・・・で、今後ろに隠したのは何だ?」
「・・・な、何でも、ない。」
「ほー・・・」
ちらっと尻尾の方を見ると、小刻みに不安定な揺れ方をしている。
こういう時は・・・
「・・・今正直に言えば、怒らないでやるけど、どうする?」
「う、うぅ・・・!」
「知ってるかトトル? 人間のつがいだと、嘘や隠し事が原因で、解消になるのも珍しくないんだぞ?」
「・・・!! いっ、嫌だ! それは嫌だ!」
「じゃあ正直に言え。あと後ろのを見せろ。」
「わ、わかった・・・」
うんうん、最近のトトルは素直でよろしい・・・ちょっと脅してるみたいで良心が痛むけども。
が、そんな考えも出てきた物を見てすぐに雲散霧消してしまった。
「やっぱりというか何と言うか・・・プライベートシリーズ・・・。」
「だ、だって最近ユーリが着てくれないから・・・! どうしたら着てくれるか考えようと思って・・・」
・・・本当に、こいつらの情熱はどこから生まれてくるのか・・・。
「何でそんなに俺に女物の服着せたいんだよ・・・」
「似合うから!」
「いやそんな自信満々で言われても・・・」
はぁ何だか無駄に疲れてきた・・・まぁ、ガラン達みたいに自分で着たりしない分まだマシ・・・お、そうだ。いいこと考えた。
「・・・似合えばいいんなら、トトルが着ればいいんじゃないか?」
「・・・何言ってるんだユーリ。これは雌の着る物だろう?」
わぁトトルにすごく真面目に返された。すげくムカつく。
が、ここは我慢、我慢だ。
俺はトトルの耳元に口を近づけ、そっと囁く。
「こないだ、なっただろ? 雌。」
「なっ・・・!? あ、あれは・・・!」
一気に赤くなってあたふたするトトルに、俺も無性に恥ずかしくなる。
つーかあんな三文小説みたいな台詞誰だって恥ずかしいっての!
「一回だけ! あの一回だけっ、だっ!」
「ふーん・・・でもあの時はこの服着てなかったよなぁ? 俺なんてほぼ毎回無理矢理着せられたのに。」
「う、うぅ・・・!」
「アンナも言ってたように、人間のつがいは分かち合うものなのになぁー。俺だけ着てるなんて、不公平だよなぁー。」
「う、うぅぅ・・・!」
よしよし、あと一息だ。
ここで『お互いに女装は無し』を約束させれば・・・!
「だからさ、これからはこういうのは無しで」
「わ、わかった! ユーリが着てくれるなら、俺も着る!」
・・・はい?
「ちょ、トトル! 無理! 無理だから! サイズ的に!」
「大丈夫だ! ユーリの為なら、これくらい・・・!」
「そういう台詞はもっと別の場面で使ってくれ!」
「ごめん下さーい。 ユーリー? こないだいい布買ったんだけどよかったら・・・何やってんの二人して」
「ラジー助けてラジー! トトルが!」


「・・・で、その結果がこのボロボロのプライベートシリーズと・・・。」
無残にもあちこち裂けて最早見る影も無いそれを、ラジーは溜め息をつきながら見つめる。
「もう、気持ちは分からないでもないけど、服はもっと大事にしなきゃだめよ?」
「すまなかった・・・。」
「いやそこ突っ込むとこ間違ってるから!」
「ユーリもそんな意地悪言わないで着てあげればいいのに・・・。」
「ラジー・・・ユーリは悪くないんだ。俺が、俺が無茶をしたから・・・!」
「え? 何で俺が悪いみたいな扱いなのねぇ」
「よし! こうなったらユーリの方から着たくなるような素敵なメイド服を作りましょう! そうと決まればさっそく準備よ! 行くわよトトル!」
「・・・あぁ!」
「ちょ、何だこの展開!? つーか二人とも俺の話聞いてないだろ!?」



後日、驚異的な耐久性を持ったメイド服をトトルが持ち帰ってきたが、そこからの話は長くなる上に別の話なのでここでは述べないでおく。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/66-deabf022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。