赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21:蝙蝠の受難

初めて書いてみた女体化ネタ・・・だけど下品です。
まぁそんなんでもよければどうぞ。




「ユーリ! 大変だ!」
「何だー? またガランがアイルー達で積み木崩しでもやらかしたのか?」
「胸が生えた!」
「・・・は?」
「ほら! ほら!」
「ちょ、トトル! わかった! わかったからこれでもかと見せつけるな!」
「ど、どうしようユーリ!?」
「とにかく胸をしまえ!」
「し、下も・・・! 下も・・・! うあぁ・・・!」
「下って・・・おいまさか・・・」
「ほら! ほら!」
「だから見せつけるな! 少しは恥らえ!」
「やっぱり・・・ユーリも雌の体じゃ嫌なんだな・・・う、うぅ・・・」
「いやむしろ雌の方が大歓迎なんですが・・・ってそんなこと言ってる場合じゃないな。一体何がどうしてこうなったんだ? 何か悪いものでも食べたのか?」
「別に何も・・・ただ少し腹が減ったから、アイテムボックスを漁って出てきたキノコを食べた。」
「それだ。」
「あんまり美味くなかった。」
「・・・あぁー! やっぱ混沌茸減ってる!」
「ユーリー! 暇だから遊ぼうぜー!」
「うわ! こんなややこしい時にややこしい奴が!」
「何だよいきなり・・・うん? トトル? 何だか雰囲気が違うような・・・?」
「ガラン・・・お、俺、雌に・・・。」
「えっ!? ナルガクルガってそんなこともできるのか!? すげぇ!」
「ユーリのキノコを食べたらこうなった。」
「妙な言い方をするな!」
「何だ、つがいとしてやることはやってんだなぁ。」
「・・・! そ、そうだ! このままじゃ俺、ユーリとそういうことできない・・・っ!」
「いやもっと重大な問題がいくらでもあるだろう。」
「えー、でもつがいって普通雄雌なんだから、これでいいんじゃないのか?」
「だめだ! ユーリがメイド服を着てくれないとだめなんだ!」
「お前のその執念は一体どこから来るんだ・・・あーもう、とにかく混沌茸が原因なら、解毒薬や元気ドリンコでどうにかなるかもしれん、ほれ飲め。」
「う・・・あんまり美味くない・・・。」
「わがまま言わない。」
「うぅー・・・あ、戻った。」
「ちぇー、つまんねぇのー。」
「ふぅ・・・全く、今度から変なものは食べるなよ。ガランもわかったな?」
「はーい。」
「はーい。」
「・・・返事だけは毎回いいんだよな・・・。」
「ニャー! 旦那さん大変だニャー!」
「ここまで来るともうオチが読めるな・・・。解毒薬飲め。話はそれからだ。」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/39-90c26745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。