FC2ブログ

赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65:麒麟の螺旋

珍しく慌てふためくアンナさんが書きたかった。
ただそれだけ。
まぁどうぞ。




「ユーリさん! ユーリさん!」
「あ、アンナいらっしゃ」
「大変なんです! 今すぐ来て下さい!」
「え、あ、ちょ」
「ユーリ? 誰か来てるのか?」
「あぁちょうどよかった! トトルさんも来て下さい! あと出来ればククル君も!」
「に?」



「・・・で家まで引っ張ってこられた訳だが・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「にー・・・? コウライ、なんでカベに頭付けてるの?」
「というか・・・角が壁に突き刺さってるな」
「た、頼む・・・あまりじろじろ見ないでくれ」
「そうは言われてもな・・・アンナ、一体何があったんだ?」
「いつも通り、私が洗い物をしている間、コウライがコウランの遊び相手をしててくれたんですが・・・うっかりコウランの機嫌を損ねてしまったみたいで、あんなことに」
「いやいやいや何をどうしたらああなるんだ!?」
「コウライもキリンですから、コウランの雷は平気なんですが、どうやら衝撃までは相殺しきれなかったらしくって・・・吹っ飛んだ拍子に、こう、角が見事にずぼっと」
「面目ない・・・」
「大の男を吹っ飛ばすって・・・どんだけ凄まじいんだコウラン」
「あーっ! あーうっ!」
「あだだだこらコウラン! 動けないのを良い事にお父さんの髪を引っ張るんじゃありません!」
「きゃあーぁ!」
「引き抜こうにもこんな風にコウランがべったりで、下手に近付くとこっちまで吹き飛ばされそうで・・・それで皆さんをお呼びしたんです」
「なるほど・・・」
「というわけで、まずはククル君、コウランの注意を引き付けてくれるかしら?」
「わかった。こうらーん、こっち、遊ぼう」
「う? うー! くくるとあそぶー!」
「おー流石お兄ちゃん、素直に言う事を聞いたな」
「そんな・・・!? コウラン! お父さんよりククルの方がいいのか!? そんなふしだらな子に育てた覚えはありませんよ!」
「何言ってんだアンタ」
「ふー、これで第一関門突破ですね・・・それじゃ今の内に引き抜きましょう」
「おっけー・・・トトルはそっちの足を持ってくれ」
「わかった」
「行きますよ・・・いっせーの、せっ!」
「あぎっ!? あがっ、あだだだっだ!? く、首が!」
「・・・おいおい嘘だろ・・・三人がかりで抜けないなんて・・・」
「ユーリ、これ以上力をかけると、角か首が折れるかもしれない」
「首を折るわけにはいかないし・・・角を切り取るか?」
「そ、それだけはダメだ! キリンにとって角は命なんだ!」
「そうは言ってもなぁ・・・一生壁に突き刺さってる訳にもいかないだろ?」
「それはそうだが・・・」
「うーん・・・あ! そうだ良い事思いつきました! これ使いましょう!」
「・・・油? それをどうするんだ?」
「まず油を角と壁の間に垂らして・・・よし、それじゃ次はコウライの体を壁に垂直にして下さい」
「こうか・・・? あ、もしかして」
「そう。そのまま一気に回転!」
「よっしゃ、トトル!」
「わかった!」
「ちょ、うぁ、うわわわわわ!?」
「っとぉ! 抜けたぁ!」
「やったな!」
「なるほどなぁ・・・キリンの角が螺旋状になってるのを利用して、ねじ回しの容量で抜いた訳か・・・」
「コウライ、大丈夫?」
「あぁ・・・首が痛いのと目が回ってる以外には特には」
「よかった・・・もう一生壁の住人になってしまうのかと思って心配したわ・・・」
「心配をかけたな・・・」
「もう・・・本当に心配したんだから」
「いやあの二人とも・・・そんな無理にいい話風にまとめようとしなくてもいいから」
「ところでユーリ、ククルたちはどこ行ったんだ?」
「あ、そういえば・・・」


「にー! にー!」
「あーぁ! くくるー! おりてきてー!」
「おー・・・木の上に逃げてるなお兄ちゃん」
「というか体中ボロボロだ」
「この短時間でどんな遊びをしたらあぁなるんだか・・・」


スポンサーサイト

コメント

更新お疲れ様です
…あの角ですからね…刺さったら抜くが大変なのはモノブロスと同じですね

  • 2008/12/04(木) 22:39:50 |
  • URL |
  • kei #VigCwx8I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/118-adb65560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。