FC2ブログ

赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64:影の薄さは父親の宿命

いい話で終わっておいた方が良かったかなぁ。
まぁどうぞ。




「あ、あの・・・ユーリ・・・」
「・・・」
「ごめんなさい・・・」
「・・・」
「なぁ何もそんなに怒らなくてもいいんじゃねぇ? こうしてククルだってちゃんと謝ってんだし」
「・・・謝るとか許すとかの前に、ククル、俺がどうしてあそこまで怒ったのか、ちゃんと分かってるのか?」
「・・・言う事を聞かなかったから?」
「それもあるが、一番の理由はそうじゃない」
「・・・料理の邪魔をしたから?」
「そう思うなら、俺じゃなくてトウマ達に謝れ」
「・・・」
「・・・わからないか? 一番の理由はな、危ない事をしたからだ」
「え? でも、ククル怪我してない」
「怪我したとかしないとかの問題じゃない! 包丁の位置があとちょっとでもずれてたら、尻尾がちょん切れてたんだぞ!」
「ひぅ・・・! ご、ごめんなさい・・・」
「いいか? 今度から俺の許可無く、刃物や火の元には絶対に近寄るな。怪我してから泣いたって遅いんだからな」
「あ、あ・・・っく・・・うっく・・・!」
「あーほらほら泣くなって、ユーリだってククルの事心配して言ってんだから」
「えっぐ・・・う、うぅ・・・ほん、と?」
「当たり前だろ! 子供の心配しない親が居るか! あーもーこんなに耳も尻尾も冷やして・・・ほら風呂入るぞ、風邪ひいちまう」
「・・・ん」
「よっと・・・ほらもう泣くな、今言った事守ればもう怒らないから・・・ラスもありがとうな。ククルを連れ帰って来てくれて」
「たまたま帰りに見かけただけなんだけどな・・・ま、よかったなククル。ユーリも許してくれるってよ」
「うん・・・ラスありがと・・・」


「やれやれ・・・ってうおぅ!?」
「・・・」
「おい何やってんだトトルそんな柱の影で」
「・・・ろう」
「は?」
「そこは、俺の役目だろう!?」
「・・・はい?」
「ユーリに怒られたククルを慰めたり、家まで連れ帰ったり・・・ユーリと一緒に風呂に入ったり!」
「いや最後のは違・・・痛ぇ! テメェいきなり殴りやがったな!?」
「今日初めてお前を敵だと思った!」
「今更かよ!?」



スポンサーサイト

コメント

更新お疲れ様です
あれ…前半まですごくいい話風だったけど…
でもこれはこれでいいですね

  • 2008/12/01(月) 15:26:53 |
  • URL |
  • kei #VigCwx8I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/115-0a3ce192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。