FC2ブログ

赤虎アイルー

某所で書き溜めたSSの保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60:甘い時間

何か意味深なタイトルですが普段と特に変わりません。
食べてくれる人が居ると料理のし甲斐があるよね、というだけのネタ。
オチも特には無いよ!
まぁどうぞ。



「トウマー? 居ないのかー?」
「ニャ? 旦那さんどうしたのニャ?」
「あぁコタロー、トウマ見なかったか?」
「トウマならさっき、キッチンアイルーの皆と農場の方に行ったニャー。冬用の野菜がどうこう言ってたけど・・・何か用事かニャ?」
「少し小腹が空いたから、何か作って貰おうと思ったんだが・・・まぁ居ないならいいや。自分で作る。」
「ニャ!? 旦那さんの手作り・・・!? オイラも食べたいニャー!」
「まぁ一人分よりは二人分の方が作るの楽だからいいけど」
「やったニャー!」
「えーと、そいじゃ二人分の材料を・・・」
「おーいアイルーどもー! 何か食い物寄越せー!」
「げ、ラスだニャ!」
「げ、とは何だよげとは! お前を食っちまうぞこの馬鹿アイルーが!」
「あーもう喧嘩するな! 今何か食うもん作るから! ったく、それじゃ三人分・・・」
「ユーリー! 俺も食うから石混ぜて石!」
「うわガランどっから湧いた!?」
「ユーリの手料理が食べられると聞いて飛んできた!」
「ユーリ、ククルが腹を空かせてるみたいなんだが、何かおやつになるものは・・・って何で皆で集まってるんだ?」
「あーあー・・・結局全員分か・・・まぁ何となくわかってたけど・・・」
「なぁなぁ何作るんだ?」
「んー・・・こないだアンナが教えてくれたアップルパイは時間がかかるしー・・・あ、そういやラジーの教えてくれたのがあったな。あれにしよう」
「ククルも手伝うー!」
「おー。それじゃフラヒヤ麦粉と砂糖一緒にふるって、細かくしてくれるか?」
「わかった!」
「あとはー・・・バターと卵とー・・・せっかくだからオイルレーズンの乾したやつも入れるか。ガランはマカライト鉱石でいいのか?」
「おっけー!」
「んじゃ細かく砕いておいてくれ」
「ユーリ! 粉出来たー!」
「速っ!? もう出来たのか?」
「ん!」
「おー・・・きめ細かい・・・案外ククルは料理人向きかもなー。そいじゃ次はバターと卵を一緒に混ぜてー・・・」
「にー・・・こう?」
「そうそう。ちょっとづつ牛乳を混ぜてまとめて・・・じゃここでオイルレーズン入れてー・・・ガラン用のは分けておくか。石出来たか?」
「こんな感じでどうよ?」
「うん、これでいいだろ。じゃこれも混ぜて・・・適当に小分けしたら焼くぞー」


「ほい、焼けたぞー。ラジー直伝の王都風スコーン」
「ニャー! 旦那さんの手料理だニャー!」
「ほぼ混ぜるだけな上に、ほとんどククルが作ったけどな」
「いっただきまー・・・熱っ! あふぅっ!」
「表面よりも中が熱いから気をつけ・・・あぁ言ったそばから・・・」
「ニャア!? は、歯が・・・!? 間違えて石の方を食べちゃったニャ・・・」
「何でレーズンと石を間違えるかな・・・」
「ただいまー! ニャ? 皆で何食べてるのニャ?」
「おーおかえりー、皆の分もあるぞー」


スポンサーサイト

コメント

なるほど、「甘い」ですね…スコーン…
カウンター設置ならびに更新お疲れ様です。

  • 2008/11/21(金) 14:27:10 |
  • URL |
  • kei #VigCwx8I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akatoraairu.blog36.fc2.com/tb.php/107-b090a226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。